Blog&column
ブログ・コラム

鉄骨造で起こり得るトラブルについて

query_builder 2022/03/01
コラム
39
どんな構造の建物でも、何かしらのトラブルは付き物です。
しかし、トラブルの内容は構造によって異なるので、それぞれに起こり得るトラブルを把握しておく必要があります。
そこで今回は、鉄骨造で起こり得るトラブルについて解説していきます。

▼騒音トラブル
鉄骨造は木造に比べて防音性が高いものの、やはり音が響きやすく騒音トラブルが多いです。
騒音でも、上下や隣の音が響く場合と、外の音が響く場合があります。
上下や隣の音が響く場合は、部屋の壁や床などに防音シートや防音タイルを貼ることで対策できます。
外の音が響く場合は、外壁に防音性のある塗料を塗布するのが効果的です。
ただ、防音性は建物の構造に大きく関係しているので、全ての音を遮断するのは難しいでしょう。

▼雨漏り
鉄骨造に限らず雨漏りは発生しますが、鉄骨造は柱や梁に鉄が使われているのでとくに水分は大敵です。
そのため、外壁にはシート防水や塗膜防水が施されています。
これらのおかげで建物の防水性が保たれていますが、年月が経つにつれて劣化していきます。
そうすると効果が薄れて防水性も低くなってしまうのです。
雨漏りによって柱などが錆びると、建物全体の劣化が早まり寿命が短くなってしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。

▼まとめ
鉄骨造に限らずどんな建物でもトラブルは起こりますが、鉄骨造の場合はとくに防水性を維持することが大切です。
屋根外壁の防水性が低くなってきたと感じている方は、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW

  • 遮熱塗装

    query_builder 2021/11/04
  • 天井高3.5m以下の金属屋根には遮熱塗料を塗ろう

    query_builder 2021/09/13
  • 手塗り

    query_builder 2021/08/25
  • 屋根の塗装工事において重要なこと

    query_builder 2021/07/13
  • 外壁塗装の様子

    query_builder 2021/07/06

CATEGORY

ARCHIVE